仕事のストレス

不景気時代、多くの会社で人員整理が行われ、1人当たりの仕事量は増えていきました。

現在は一時に比べ、少し景気が上向きになっていると言われますが、庶民からすればその実感はなかなか得られず、生活は厳しいままですよね。