ストレスの原因は大きく3種類!ストレッサーの分類を知ろう!

2019年3月29日

心理・社会的ストレッサー

ストレスとは何か?ストレッサーとストレス反応を分かりやすく解説!では

  • ストレスとは何か?
  • ストレスが起きるメカニズム

を解説しました。

今回もここで出てきた言葉が出てくるので、まだ読んでいなければそちらから読む事をおすすめします。

 

さて、今回はストレスの原因に関するお話です。

上の記事でも出てきたように、ストレスの原因はストレッサーと呼ばれ、色々なところに潜んでいます。

あなたがストレスを抱えている場合、ストレッサーを知ることができれば、その原因を取り除く方法や軽減する方法を探す手掛かりになるでしょう。

ストレスの原因は大きく3つに分類される

ストレスの原因(ストレッサー)は大きく分けて3つに分類することができます。

貴方がどのようなことにストレスを感じているか、考えながら見ていきましょう。

心理的・社会的ストレッサー

 

「人間関係」「仕事や家事・育児」「進学・就職の悩み」などが原因となるもののことです。

つまり、人間が社会生活を送る上でストレスに感じることがここに入ります。

 

一般的にストレスの原因とされるものは、これが一番多く、最も厄介。

社会に生き、人付き合いをしていかなくてはならない私達にとっては、このストレッサーは非常に回避することが難しいものだからです。

人付き合いを辞める、仕事や家事を辞めるという訳にはいかないので、ストレスを軽減する環境づくりをしたり、代替のストレス解消方法を用意する必要があります。

このブログで紹介するストレス解消方法もほとんどが、このストレッサーに対するアプローチになります。

物理的ストレッサー

 

「暑い・寒い」「怪我や病気の痛み」などが原因となるもの。

一時的なストレスで終わることが多く、さほど問題になることは少ないですが、例えば「不治の病」「近隣の騒音」など長期間に渡ってストレスがかかる場合もあります。

 

騒音問題で近隣住民を殺してしまった、なんて事件もありますが、これもストレスを溜め込んだ結果起こったことだと考えられます。

不治の病の患者さんに行われる「終末期ケア」はこのストレスを解消するために行われるものですね。

物理的ストレッサーの多くは、場所を変える、時間が過ぎるのを待つなどの解消法が有効です。

科学的ストレッサー

 

「たばこ」「アルコール」「公害物質」など人工的な物質・有害物質が原因となるもの。

たばこ依存症、アルコール依存症は科学的ストレッサーが原因のの代表的な症状と言えるでしょう。

また、pm2.5や放射能汚染など近年環境汚染が問題となっていますが、これらが原因となって意識しないうちに湿疹など身体がストレス反応を起こす場合があります。

 

科学的ストレッサーは問題となる物質を摂取しない、場所を変えるなどの解消法が有効です。

ただ、化学物質は目に見えないことも多く、知らず知らずのうちに影響を受けているのが怖いところですね。

化学物質が原因と分かった場合、身体的に問題が起きている場合も多いので、できるだけ早く医療機関を受診した方が良いでしょう。

 

あなたのストレスの原因はどこにあるか分かりましたか?

詳しいストレス解消法は、原因別のストレス解消ページをお読みください。